道内市町村・関係団体のお知らせ

ハスカップ学習漫画『東胆振でみつけた!お宝!!ハスカップ』が発行されました

まんが・アニメ王国
投稿日:2018年01月16日

「第1回北のまんが大賞」大賞受賞者のヤマモトマナブさんが作画を担当した、
ハスカップ学習漫画『東胆振でみつけた!お宝!!ハスカップ』が発行されました!

この漫画は、苫小牧市・白老町・安平町・むかわ町・厚真町の1市4町で活動している
「東胆振地域ブランド創造協議会」が作成したもので、東胆振地域の特産品である「ハスカップ」を
将来に渡り末永く伝えていくために、小学生向けに楽しく・わかりやすく紹介したものです。
東胆振の街のみどころを紹介するページもあり、この漫画を通して、あらためて自分たちが住む
「東胆振」という地域に興味を持ち、郷土愛を育んでほしいという願いが込められています。

企画・制作には、道内唯一の漫画出版社であり、「北のまんが大賞」の選考に参加している
(有)エアーダイブが、作画には「第1回北のまんが大賞」で大賞を受賞したヤマモトマナブさんが
参画しています!

この冊子は、苫小牧市と白老町、厚真町、安平町、むかわ町の小学校に配布した他、
JR苫小牧駅南口の交流施設「ココトマ」など10施設に配布しているそうです。

 

☆漫画制作:有限会社エアーダイブ
北海道唯一の漫画出版社。
企画から制作、編集、出版の全てを自社で行う北海道発の自費出版作として、
2008年にドキュメンタリー漫画『義男の空』1巻を発刊。以来、現在も続刊中である。
本作品は、第15回 文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品入選。
また、北海道書店商業組合と北海道学校図書館協会の推薦本に選出される。
海外では、「毎経出版株式会社」よりハングル語版(1~6巻)が発刊。
このほか主な作品に、北海道・札幌の壮大な開拓の様子を描いた漫画『島義勇伝』、
猫の絵本『トロとイヴ』、シリーズ絵本『サンタクロース島のサンタクロース』がある。
サンタシリーズはフランス版も展開される。
[主な作品]
・ドキュメンタリー漫画『義男の空』1~10巻(続刊中)
・北海道開拓漫画『島義勇伝』
・シリーズ絵本 サンタクロース島のサンタクロース
『サンタクロースとちいさな木』
『サンタクロースと50ぴきのトナカイ』
『サンタクロースとしまのゆうびんやさん』
・感動の猫絵本『トロとイヴ』
・北海道TV局の人気キャラクターonちゃんの絵本『onちゃんとおつきさま』
・小児の在宅医療ケアを描いた絵本『ぼくのおとうとは機械の鼻』
[所属団体]
公益社団法人日本漫画家協会

 

☆漫画協力:ヤマモトマナブ
旭川市出身、札幌市在住。
2013年よりコミックブレイドにて「リピートアフターミー」連載。単行本全2巻。
2017年「第1回北のまんが大賞」大賞受賞。
道庁発行の漫画パンフレット等の作画を手がける。

 

2017年度『第2回北のまんが大賞』入賞作品発表!

ページの先頭へ